松江碧窯(梶勧農園内)
    HOME お買物 お客様の声 よくある質問 会社紹介 お問い合わせ

 

 

梶勧農園 植物 紫陽花 あじさい 松江

あじさい


Hydrangen

ミズシマアジサイ

雲集碧(うんしゅうみどり)

 

 

〜幻の「ミズシマアジサイ 雲集碧(うんしゅうみどり)」〜

 


【幻のアジサイと言われる所以】
ミズシマアジサイは、コアジサイとヤマアジサイの自然雑種で、年2回開花します。
本来、開花期が異なるコアジサイとヤマアジサイは花粉が交わりにくく、自然雑種が極めて生まれにくと言われています。
栃木県日光市で確認されたのを最後に見つかっておりませんでした。
現在は標本でしか残っていないという貴重なものです。


【偶然の発見】
私が発見したのは2016年6月、知人が所有する奥出雲町内の山林でした。
DNA型鑑定をした結果、60年ぶりにコアジサイとヤマアジサイの自然雑種であることが判明しました。
このアジサイを「雲集碧(うんしゅうみどり)」と命名しました。


【特徴】
特徴は、雄しべと雌しべが長く、針を何本も刺したかのように咲き、青紫色の茎と花の形、
そして開花時期は、コアジサイに準じ5月に開花し、樹勢が強い苗は、よくかえり咲きをします。
本来、花の形は、コアジサイのかたちで両性花の大きさはヤマアジサイです。
まれに、極小の額装飾花が2、3咲く場合があります。



【想い】
この品のある60年ぶりに発見された幻のヤマアジサイ「雲集碧」を、山陰を代表する花として、
たくさんの方に見ていただき、ご提供できればと思っております。
茶会席の花として、梅雨前にさきがけて涼しげに咲く花姿と葉とのバランスがよく、
今までにないわびさびをもった雰囲気の花として楽しんでいただけたらと思います。

 

梶勧農園 植物 紫陽花 あじさい 松江

 

 

梶勧農園 植物 紫陽花 あじさい 松江