松江碧窯(梶勧農園内)
    HOME お買物 お客様の声 よくある質問 会社紹介 お問い合わせ

 

 

梶勧農園 陶器 松江

 

 

玉湯町の花仙山産の
青めのうから生まれた陶器

 


松江市玉湯町の花仙山(かせんざん)は、古代より碧玉(へきぎょく)・めのう・水晶の一大産出地でした。
その中でも碧玉は「青めのう」と呼ばれ、月の色に近いことから「月の神が宿る神聖なもの」として崇められてきました。
また、若返りの霊力があると珍重され、八百万の神々が地元にお帰りになる「神等去出(からさで)」の祭には、
勾玉を持ち帰ると言われ、 そのことから「パワーストーン」とも言われます。

当窯、松江碧窯では、この碧玉を釉薬として用いて、試行と研究を重ね、
中国宋代の名窯で生み出されていた数々の青磁・白磁に匹敵する味わいと色合いの焼出に成功しました。
しっとりとした落ち着きの中に気品と華やかさを感じさせる青磁、清楚でありながら幽玄的な静寂と艶みた熟成が漂う白磁など、
使って飽きのこない器や陶器が多くの方から高い評価をいただいております。

 

梶勧農園 陶器 松江

 

 

梶勧農園 陶器 松江